中川ちょうぞう

2017.05.16

こんな悪事は許さない!

補助金不正は森友学園だけではない。兵庫県庁にもあった。

兵庫県では財政課が主導し各部総務課(経理)を通して、各担当課に「予算案の中に国庫10割の部分を作れ」と指示を出す。
国創設の事業では、国県が各々半分ずつ負担すると定められており、本来10割の部分が予算案に存在してはいけない。
そこで、補助金事業の規模を実際の計画の倍に膨らませ、県が国に虚偽の補助金申請をする。
そして、県の執行を半分で済ませると、県の負担は0割、国負担が10割になるというカラクリだ。

このように補助金を倍に膨らませて申請させることを、県庁内では「片肺」という隠語で呼ばれているが、補助金適正化法に明らかに違反し、詐欺罪か背任罪になるのではないか。
私が必ず知事になって徹底的に調査し、結果を県民に公表する。そして民事・刑事両面で告訴するとともに、関係者を厳正に処分する。

Copyright © ネットマルシェ All Rights Reserved.