中川ちょうぞう

2017.05.30

政策ビラの最終原稿が完成

制作に当たってくれた百津さんのセンスと手際の良さに本当に助けられました。
このビラは265万枚を街頭などで配ることが認められていますが、一枚一枚に選管発行の証紙を貼る作業が待っています。

兵庫県下には450万人の有権者がいるのに、全員に配布できない中途半端な制度。
証紙は立候補が受理されて初めて貰えるので、事前に貼り込みができないのです。

こんな馬鹿げた、時代遅れの選挙ツールを踏襲しているから、組織とカネのある(シガラミの)候補者が選ばれてしまいます。

私が知事になれば、全国初の「選挙条例」を定めて、選挙公営(公費負担)の中身を大幅に見直し、
組織やお金が無くても不利にならず、全候補者の政策が行き渡り、公私ともに費用や労力が削減できるようにします。


兵庫県知事選には税金19億円を要しますが、私が知事になれば少なくとも3割安の水準でもっと効果の高い選挙を実現します。

Copyright © ネットマルシェ All Rights Reserved.