中川ちょうぞう

2017.04.27

中川ちょうぞうの主要公約

①「分権」 県から市町に可能な限り権限・財源・人員を大幅に移譲します。
②「減税」と資産活用 行政の生産性向上と税外収入などで将来にツケを回さず減税します。
③「規制緩和」 国家戦略特区で挑戦、最先端の認証技術で電子行政化、所有者不明の土地対策など。
④「環境の兵庫」 ゴミ有料化、流域行政で川ゴミ・海ゴミ、デホジット制度の導入など。
⑤「健康経営」と最適福祉 高齢者が活躍できるアクティブシニア制度(生き甲斐対策)、CCRCなど。
⑥「議会改革」 住民投票条例、日本初の選挙条例、投票したら1万円で投票率70%以上、落選者雇用、
  通年・夜間休日議会、議員定数・報酬・政活費の削減、議員定年(連続3期、通算5期以内)など。
➆「知事3期条例化」 知事報酬半減(業績給加算)、女性・民間副知事を登用。官民の人事交流など。
⑧ 公民連携とNPO市民活動の推進 公共空間の活用、公共資産マネジメント、上下水道コンセッション
⑨ 子育て・教育・若者定住 全国トップクラスの教育、中高一貫校、公設民営校、ふるさと教育、
➉ 次世代型まちづくり プラチナ都市、コンパクトシティ、防災樹林、地域通貨、シェアリングなど。
#兵庫県知事選 詳しくは、chozo.info をご覧下さい。

Copyright © ネットマルシェ All Rights Reserved.